錠剤やカプセルが集まった画像

低用量ピルの効果は避妊だけにとどまりません。卵巣・子宮に関係する女性特有のトラブルをも防ぐことが出来るとされています。生理不順の人ではホルモンバランスが整うことにより、規則正しい周期となります。また、旅行・出張といったどうしてもずらせない予定に合わせて、生理日の調整が可能となります。低用量ピルを服用すると子宮内膜が厚くならないため、生理痛緩和やPMS軽減となります。また、女性特有の卵巣がん・子宮がん発症の予防につながるとされています。

低用量や緊急避妊薬を個人輸入で通販したい方はこちらへどうぞ♪

ピルのような錠剤を女性がお腹の前で見せている画像

低用量ピルは医療現場では避妊目的よりも更年期障害改善薬として処方をされています。その理由は、女性ホルモンを意図的に操作するという意味では同じですが用量的に生理を起こしやすくする作用を使っているからです。更年期初期は生理が無くなったり、不正出血もたびたび起こります。それらの改善に低用量ピルを用いれば、毎月1回の生理リズムが戻るので治療に欠かせない薬となりました。精神的バランスも保たれるので効果的な薬です。

未開封の錠剤やカプセルが集まった画像

ピルと呼ばれる避妊薬にも実は色々な種類があります。副作用が最も強く効果が高いのが高容量ピルです。避妊の効果が強い半面、副作用による体調不良が出やすいです。次にバランスの取れた中用量ピルがあり、副作用は比較的穏やかで避妊対策の力も並以上です。ただ、元々身体が弱い女性は副作用を強く感じるかもしれません。最も副作用が小さいのが低用量ピルです。主成分の配合量が少ないため、体調変化が小さく誰にでも安心です。

赤い救急箱の画像

低用量ピルのトリキュラーは病院でも購入できるのですが、病院で購入する場合、少し値段が高い場合があるので、通販で購入するのも一つの手です。個人輸入で通販購入可能です。ただし通販で購入して飲用する場合は、服用方法や副作用などはすべて自己責任になってしまうので、少しでも体調が悪くなったらすぐに病院で相談することをおすすめします。また信頼のおける通信販売業者を選ぶと無用なトラブルに巻き込まれずに済みます。

女性がピルのような錠剤を口に含もうとしている画像

低用量ピルにもさまざまな種類が存在しますが、その中でもおすすめなのがトリキュラーです。トリキュラーは3相性ピルに該当するので、ホルモンバランスの変化を自然に近い動きに調整することで副作用が小さく済みます。また、病院から処方されるものより比較的安価に手に入れることができます。加えて、トリキュラーは通販で購入可能な薬品なので受診する時間が無い方などにはおすすめです。しかし、副作用が絶対ないわけではないのでおかしな症状が出た際はすぐに病院を受診するようにしましょう。