低容量ピルの画像

体への負担が少なく、ホルモン量が抑えたられているのが低用量ピルです。ピルを飲むと血中ホルモンが増えて、その情報は脳の視床下部へと送られます。すると脳は妊娠している時と同じような状態と判断し、排卵を起こさなくなるという仕組みです。

排卵が起こらないためピルを飲んでいる限りは妊娠することがないため、正確にコントロールすれば100%と完璧な形で避妊ができると言われています。しかし、低用量ピルは避妊のためだけではなく、生理をコントロールするためにも使われています。

ピルは正常な月経周期と同じ28日で構成されており、毎日1錠ずつ飲むことで28日の綺麗な月経周期を作り出すことができます。初めて飲む場合は生理初日から飲み初め、1日1錠ずつ毎日21日連続で服用します。そして7日間服用しない期間を持つか、またはプラセボと呼ばれる成分を含まない偽薬を服用するのですが、服用しない期間またはプラセボを服用する期間に生理がやってきます。7日間開けたら、また21日続けてピルを服用するということを繰り返すことで28日ごとの0正確な月経周期を手に入れることができます。

ピルを服用する人の目的な避妊以外にも酷い月経痛、子宮内膜症やPMSの緩和など不快症状の改善ということも多く見られます。特にピルを服用することで子宮内膜が厚くなることを防ぐことができるため、経血量が減り、月経痛は緩和される傾向にあります。一般的にピルは保険適用外なのですが、子宮内膜症による月経困難症の治療としてピルが処方される場合は保険適用になります。

また、それ以外にも海外旅行やスポーツの試合など、一時的に月経をコントロールしたいという場合にもピルは用いられます。一時的な使用としては中用量ピルが用いられることも多いですが、低用量ピルでも可能です。中用量の場合は月経開始の5日前から服用し、低用量の場合は月経開始日から服用し、月経を起こしたい日の二日前ぐらいに服用を中止すると月経が始めるという流れになります。中用量ピルの場合は多くの人が吐き気や生理痛のような腹痛の副作用を覚えますが、低用量ピルでも飲み始めてから1~2か月は吐き気などの副作用を感じることがありますが、毎月飲み続けていくうちに副作用は出なくなることがほとんどです。避妊目的だけでなくても、生理周期が不安定な人や月経痛に悩まされる人など、多くの用途で低用量ピルは使用されています。