未開封の錠剤やカプセルが集まった画像

ピルは、錠剤中の卵胞ホルモン剤が0.05mgより多ければ高容量ピル、0.05mg前後であれば中用量ピル、0.05mgより少なければ低用量ピルと分類されます。日本の女性が避妊をする際に主に用いているのは低用量ピルで、高容量ピルや中用量ピルと比較すると副作用が少なく、飲みやすいのが特徴です。

現在、日本で低用量ピルとして発売されている製品はたくさんあります。どの製品も高い避妊効果が得られるという点では一緒ですが、錠剤に含まれている成分やその含有量は製品ごとに異なります。

低用量ピルは、1シートすべてが同じ錠剤で占められている製品と、含有量が異なる複数の種類の錠剤で1シートが構成されている製品に分かれています。前者の製品は一相性ピルと呼ばれており、後者の製品のうち、2種類で構成されているものは二相性ピル、3種類で構成される製品は三相性ピルと呼ばれています。

一相性ピルは飲み忘れのみに注意しておけば十分な避妊効果が得られますが、二相性ピルと三相性ピルはそれだけでなく、飲む錠剤を間違えないように注意しなければなりません。時期によって飲む錠剤の含有量が変わるのはより避妊効果を高めるためであり、錠剤の種類を間違えると副作用が出やすくなります。錠剤の成分については、卵胞ホルモン剤についてはほぼすべての製品でエチニルエストラジオールが用いられていますが、含有量は一緒に配合される黄体ホルモン剤とのバランスに応じて異なります。

一方、黄体ホルモン剤は登場したのが古い順に、ノルエチステロン、レボノルゲストレル、デソゲストレル、ドロスピレノンの4種類があります。医薬品は新しく登場した製品であるほど副作用が起きにくくなっていることが多いですが、ピルの場合はこのケースに当てはまるとはいえず、デソゲストレルやドロスピレノンが含有されているピルは他の製品より血栓症のリスクが高く、レボノルゲストレルが用いられている製品は他の黄体ホルモン剤が用いられている製品よりアンドロゲン作用が起きやすいといわれています。副作用が少ないピルは無く、どの製品を選んだとしても副作用に関しては一定のリスクがあります。

なお、低用量ピルを服用する際に起こりうる副作用にはアンドロゲン作用や血栓症の他にも、頭痛や腹痛、吐き気、倦怠感、下痢などがありますが、これはすべての製品に共通して服用開始直後に起こりやすいものです。飲み始めた頃に起きる副作用は、服用開始から2ヶ月が過ぎた頃にはかなり収まってくるので、多少症状が辛くても我慢して飲み続けましょう。